取扱い保険のご案内
TMSコーポレーションでは、栃木県医師会会員様向け各種集団扱いの保険がございます。
栃木県医師会 会員福祉補償制度「医師賠償責任保険」
開設者または使用人(勤務医師、看護師等)が日本国内において医療を行うにあたり、職業上または職務上の相当な注意を怠ったことにより、
患者の身体に障害(障害に起因する死亡を含みます。)を与え、被保険者である開設者に法律上の賠償責任が発生し、保険期間中に患者またはそ
の遺族より損害賠償請求を提起された場合に保険の対象となります。このような場合、1.法律上の損害賠償金(被害者の治療費、入院費、慰謝料、
休業損失など)2.訴訟になった場合の訴訟費用や弁護士報酬(損保ジャパンの事前の承認が必要です。)の合計額をご契約された保険金額を限度に保
険金としてお支払いいたします。

栃木県医師会 会員福祉補償制度「団体所得補償保険」
病気やケガで働けなくなり、お仕事に復帰されるその日まで就業不能期間中の収入を補償します。

医療廃棄物排出者責任保険
ご存知ですか? 廃棄物処理法が改正されています。
廃棄物処理法が改正され、不法投棄における排出者の責任が強化されています。
適正に委託契約書を締結、マニフェストを交付していても、不法投棄の責任が排出者に及びます!!

個人情報漏えい保険(個人情報取扱事業者保険)
平成17年4月に個人情報保護法が全面施行されましたが、IT化の促進、それを受けた情報伝達手段の高度化等を背景に、個人情報の取扱いに
関する意識は急速に高まっています。個人情報については、その目的や様態を問わず、個人情報の性格と重要性を十分認識し、適正な取扱いを図る必
要がありますが、医療分野では、取り扱う個人情報の性質や利用方法等から特に適正な取扱いの厳格な実施を確保する必要がある分野の1つであると
されています。

医療事故調査費用保険
医療事故調査制度は、医療法の改正に盛り込まれた制度で、制度施行は平成27年10月1日です。
医療事故調査制度に則って第三者機関(医療事故調査・支援センター)に事故発生の報告が受領されている事故が発生した場合に、
医療事故調査制度で義務付けられる、「院内調査」の実施によって発生する費用を補償します。

産業医傷害保険
産業医が事業所での業務上、通勤途上に対する補償制度としてご活用
いただく保険です。産業医が自宅を出てから事業所で産業医として
業務に従事し、自宅に帰るまでの間に急激かつ偶然な外来の事故に
より被った傷害に対し、保険金をお支払いします。

集団扱自動車保険
栃木県医師会では、一般加入よりも保険料が 5%有利(集団扱一括払割引)な「集団扱自動車保険」を ご利用いただける制度を導入しております。

集団扱火災保険
栃木県医師会では、一般加入よりも保険料が5%有利 (集団扱一括払による割引)な「集団扱火災保険」をご利用いただけます。